病院や薬に頼らないうつ克服方法!ROMプログラム

うつ病サポートガイド 

うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、療養術&障害年金受給マニュアル冊子版

ストレスの多い現代社会でうつ病は誰でも罹りうる身近な病気と考えられるようになってきました。うつ病において、家族のサポートは患者さんにとって何よりも大きな支えになります。

サイトマップ

うつ病の薬

抗うつ薬の種類

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

うつ病の原因となっているセロトニンのみの作用するため、副作用が少ないという特徴があります。

しかし、飲み始めに、消化器系の副作用が現れることがあります。

症状の多くは1〜2週間ほどで自然に消えていきますが、気になるときは医師に相談してください。


SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

うつ病に関係している脳内神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンの両方に作用します。

三環系抗うつ薬

うつ病を改善する効果を持つのですが、一方で薬がセロトニン以外のアセチルコリンという神経伝達物質にも作用するため、これによる、抗コリン作用という副作用が現れることがあります。

主な副作用としては、便秘、排尿が困難になる、口が乾くなどがあります。

四環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬の副作用である抗コリン作用を少なくすることを目的に開発された薬です。


抗うつ薬の副作用について

抗うつ薬は、脳内の神経細胞と神経細胞の間で、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の量を調整し、それらが正常に働くように作用します。

これによって、心と体に意欲や活力がスムーズに伝達されるようになります。


服用中の注意



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
うつ病とは?
うつ病の症状
うつ病の原因
うつ病のメカニズム
うつ病の治療
うつ病の薬
服用中の注意
治療中の生活
うつ病患者家族のサポート(サインに気づく)
うつ病患者家族のサポート(治療を始める)
うつ病患者家族のサポート(治療継続)
うつ病患者家族のサポート(復帰)
うつ病体験談
うつ病サインのチェックリスト
うつ克服法!「笑顔がみたい」〜心と身体の秘密→メンタルトリニティー:あなたが心を和ませ安心する心と身体の法則をお伝えします。
リンク集
私のうつ病闘病記「私がうつ病を治したたった3つの方法」
うつ病で障害年金2級★完全マニュアル
うつ病の家族への対応マニュアル【冊子版】





うつ病サポートガイド All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。