病院や薬に頼らないうつ克服方法!ROMプログラム

うつ病サポートガイド 

うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、療養術&障害年金受給マニュアル冊子版

ストレスの多い現代社会でうつ病は誰でも罹りうる身近な病気と考えられるようになってきました。うつ病において、家族のサポートは患者さんにとって何よりも大きな支えになります。

サイトマップ

うつ病の治療

十分な休養

患者さんは心も体も疲れ切った状態になっているので、十分に休養をとって、疲れを癒すことが大切です。

無理を続けた状態では、なかなか回復することができません。

仕事や家事など、これまで1人でずっと抱え続けてきた負担を一旦おろして、こころから休まる環境をつくりましょう。


くすりによる治療

抗うつ薬という種類の薬を用いて、脳内神経伝達物質のバランスの乱れを調整します。

薬に頼ることに抵抗があるかもしれませんが、他の病気と同じで身体の中で起こっている異常をきちんと補正してあげるためと捉えてください。

抗うつ薬にはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬という種類があります。


うつ病治療の流れ

うつ病の治療には、根気が必要です。

はじめから劇的に症状がよくなるということはありません。

一般的に、治療には半年から1年くらいかかると考えてください。

くすりの治療と一緒に十分に休養します

うつ病の治療を開始して、2〜4週間くらいで効果が現れ始めます。

徐々に薬の量を増やしていきます。

薬の量が決まったら、3ヶ月ほど飲み続けます。

症状が安定した状態で更に半年ほど治療を続けます

薬を辞めたくなる時期ですが、この期間の継続した治療がうつ病を再燃させないためにも大切です。

症状がよくなった状態が続いてきたら、徐々に薬の量を減らしていきます

j薬は突然辞めるのではなく、医師の指示に従って、3〜6ヶ月かけて徐々に減らしていきます。

最終的には薬を飲まなくてもうつ病の症状が出ないようになります



うつ病の薬



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
うつ病とは?
うつ病の症状
うつ病の原因
うつ病のメカニズム
うつ病の治療
うつ病の薬
うつ病患者家族のサポート(サインに気づく)
うつ病患者家族のサポート(治療を始める)
うつ病患者家族のサポート(治療継続)
うつ病患者家族のサポート(復帰)
うつ病体験談
うつ病サインのチェックリスト
うつ病体験談
うつ克服法!「笑顔がみたい」〜心と身体の秘密→メンタルトリニティー:あなたが心を和ませ安心する心と身体の法則をお伝えします。
リンク集
私のうつ病闘病記「私がうつ病を治したたった3つの方法」
うつ病で障害年金2級★完全マニュアル
うつ病の家族への対応マニュアル【冊子版】





















うつ病サポートガイド All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。