教育訓練手当て|しっかりもらう雇用保険・失業保険



教育訓練手当て

雇用,保険,失業

雇用保険による補助制度の1つです。


 

※平成30年1月1日施行の改正雇用保険法により

 


資格取得やスキルアップのために、講座(厚生労働大臣指定教育訓練講座)を受講した場合に、その学費の一部を補助してくれる制度が、この教育訓練手当です。

受給資格

教育訓練手当は、雇用保険の加入期間が3年以上で、受給資格を得られます。


※現在制度移行の過渡期であるため、過去に教育訓練手当を受給したことがない人は、雇用保険の加入期間が1年以上で受給資格を得られます。

受給額

かかった学費の40%(上限32万円)、資格取得した場合は+20%(上限46万円)が、受給額となります。

 

※改正により50%(上限40%)資格取得した場合70%(上限56万円)


対象となる指定講座:


正確には、厚生労働大臣指定教育訓練講座といいます。

 

45歳未満の離職者に対しては、受講期間中に基本手当の50%相当額を教育訓練支援給付金として支給(平成33年度までの暫定措置)

 

※改正により80%になります。


関連ページ

育児休業給付
あなたは雇用保険・失業保険のことをどれだけ知っていますか? 何も知らないでいると【大損】をしますよ! しっかり学んでしっかり保険金をもらいましょう。 退職する前に後悔しないために!
介護休業給付
あなたは雇用保険・失業保険のことをどれだけ知っていますか? 何も知らないでいると【大損】をしますよ! しっかり学んでしっかり保険金をもらいましょう。 退職する前に後悔しないために!