節税を考えた場合、個人事業主か会社法人のどちらが有利なのか 

「○○万円得する確定申告テクニック」と法人化後の巨額節税ノウハウ

事業を営む方々の経費の取扱いから申告・節税、法人化まで、スバリそのソン・トクの実際

サイトマップ

あなたは「個人事業」がトクかor「会社組織」がトクか?

会社を辞めて独立を考えているとか、フリーランスで仕事をしているといった方の中には、「個人のまま仕事をしたほうがいいのか、それとも会社組織にしたほうがいいのか」悩んでいる方が多いことでしょう。



要するに、どっちがどうトクなのかよくわからない。

おぼろげにわかるのは、会社にしたほうが事業を大きくできそうだけれども、リスクも大きくなりそうということ。そんな方はまず、下記のチャートでどちらがいいかのチェックしてみましょう。

なぜかについては説明していくのがこのレポートの目的なのです。

年間収入(1年間の売上。税引前)「1千万円」以上ある YES
「会社」をつくったほうがトク
NO↓
不動産賃貸収入がある YES
個人のままか、
不動産管理会社を設立したほうがトク
不動産管理会社は、個人所有の不動産を収入を管理する会社で、節税目的で設立されることが多い。
NO↓
売上げから経費を差し引いた金額(所得金額)が「400万円以上」ある。 YES
「会社」をつくったほうがトク
「節税」や「社会的信用」などのメリットが得られる。個人事業を続けるよりも、節税できたり、事業を広げるチャンスがある。
NO↓
主要な取引先が「個人」ではなく「法人」。 YES
NO↓
会社をつくったら大きくしたい。上場もさせたい。 NO
「個人」のままのほうがトク
事業規模も売上もそれほど大きくないし、これからも変わらないことが見込まれるときは、個人事業のほうがリスクは少ない。

さて、ここまで目を通して、その結果に「何でや ?!」と興味を抱いたり、感心をもたれた方は先に進みましょう。

まったく興味が起きなければ、現状に何の不満も不安もない方で、ここは読み飛ばして、経費確定申告でのソン・トクのお話しに進んでください。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
あなたは「個人事業」がトクかor「会社組織」がトクか?
会社を作るメリットは「節税」「信用」「満足感」の3つ
会社を作るデメリットは「作成書類が山ほど」「会社の負担コスト増」「事務処理の煩雑さ」の3つ
会社がトクか、個人がトクか
会社にすればトクする・その1 会社化して自分に給料を払えば、所得税が安くなる
会社にすればトクする・その2 当初2年間は消費税を払わなくてすむ
会社にすればトクする・その3 会社なら赤字を7年間繰り越せる
会社にすればトクする・その4 会社なら経費繰り入れ可能な支出幅が広がる
会社にするとソンになる・その1 手続きにも、運用にも新たな費用が必要
会社にするとソンになる・その2 社会保険料の負担が大きくなる
会社にするとソンになる・その3 赤字になったときに融通がきかない
経費取扱いのソン・トク
合法的な必要経費の増やし方
合法的裏ワザのすすめ
どの科目かよりも、中身の合理性
知っててトクするテクニック
節税に便利なプラスアルファの所得控除
節税に効果のあるプラスアルファの税金対策
確定申告でのソン・トク
確定申告のホントの意味
青色申告と白色申告の違い
青色申告の主な特典
知っててトクする窮余の一策
意外な税務署・税理士の素顔
意外に融通のきく税務署
税務調査の実態と実際
税理士次第で納税額が変わる?!
元国税調査官が教える知らないと損する節税対策マニュアル〜フリーランサー篇〜
お金を掛けずにお金を生み出した!素人でも簡単に即節税効果の出る方法! 
【節税】◇税金のかからない方法◇〜パーぺチュアルトラベラーという生き方〜≪合法的に≫所得税ゼロ!住民税ゼロ!相続税ゼロ!消費税さえもゼロ!世界のお金持ちが実践している方法を大公開!!
IT節税お任せパック法人タイプDX



節税を考えた場合、個人事業主か会社法人のどちらが有利なのか All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。