職業訓練校に確実に入学する|しっかりもらう雇用保険・失業保険



職業訓練校に確実に入学する

雇用,保険,失業

公共職業訓練(技術専門校・ポリテクセンター)の各コースは、ハローワークにパンフレットがあります。また、http://course.ehdo.go.jp/で検索できます。




また、臨時的に募集をするようなコースもありますし、変り種のコースもありますので、こういうのはないのか?と希望がある場合は、検索したりハローワークへ問い合わせをしてください。

競争率が高いところを避ける

可能な限り競争率の高いコースは避けましょう。合格率が下がります。前回競争率が高かったところは次回競争率が下がる傾向があるそうです。

試験勉強をする

特に技術専門校は一般常識レベル(授業についていけるかどうかを判定することが目的)の筆記試験がある場合があります。試験有無及び科目はハローワークに問い合わせしましょう。


試験は中学校の教科書レベルで十分です。


お金に余裕がある人は中2用のドリルを入手して勉強しましょう。


回りに中学校くらいの知り合いがなく、お金がなければ図書館を利用すると良いでしょう。

面接に備える

殆どの場合、面接があります。


適正検査だけで、ハローワーク係官との話だけで完了する場合もありますが。


面接には、スーツで会社の面接へ行くのと同じように準備しましょう。


伝えることは、そのコースに興味があり(この先これを糧に生活して行く位の意気込みを持って)、就職まで考えて真剣に勉強に取り組むということをアピールすることです。


当然希望職種と合致したコースを受けるとは思いますが、自分にはこれがないから就職できない(不利な)んだ、だからこのコースを受けるのだ!ということが一番利くかもしれません。


その人に対して職業訓練をすることの必要性を問う場面ですからね。

第二希望を考える

「第二希望以降を書かない」というのも1つの手かもしれません。ここしかないという意思が伝わる場合もあるようです。この戦略はハローワークの係官に相談しましょう、体験談でフォローしてくれるかもしれません。

合格率と就職率

正確なところはわかりませんが、このままでは就職困難であると考えられると人(訓練が必要)が優先されるようです。


例えば、20歳と45歳で手に職がない人であれば45歳の方の方が合格しやすいということです。


また、退職事由も会社都合が1番、理由ある自己都合退職が2番、理由のない自己都合が3番と合格率に影響があるようです。


関連ページ

どうすればお得なのか!簡単チャート!
あなたは雇用保険・失業保険のことをどれだけ知っていますか? 何も知らないでいると【大損】をしますよ! しっかり学んでしっかり保険金をもらいましょう。 退職する前に後悔しないために!
正当な理由ある退職や会社都合にするにはどうすれば良いのか!
あなたは雇用保険・失業保険のことをどれだけ知っていますか? 何も知らないでいると【大損】をしますよ! しっかり学んでしっかり保険金をもらいましょう。 退職する前に後悔しないために!
給付日数を最も増やす方法!
あなたは雇用保険・失業保険のことをどれだけ知っていますか? 何も知らないでいると【大損】をしますよ! しっかり学んでしっかり保険金をもらいましょう。 退職する前に後悔しないために!
賃金日額を最も増やす方法!
あなたは雇用保険・失業保険のことをどれだけ知っていますか? 何も知らないでいると【大損】をしますよ! しっかり学んでしっかり保険金をもらいましょう。 退職する前に後悔しないために!
職安手続きで注意するポイント!
あなたは雇用保険・失業保険のことをどれだけ知っていますか? 何も知らないでいると【大損】をしますよ! しっかり学んでしっかり保険金をもらいましょう。 退職する前に後悔しないために!
バイトと内職で稼いでも大丈夫なラインはこれ!
あなたは雇用保険・失業保険のことをどれだけ知っていますか? 何も知らないでいると【大損】をしますよ! しっかり学んでしっかり保険金をもらいましょう。 退職する前に後悔しないために!
モデルケース
あなたは雇用保険・失業保険のことをどれだけ知っていますか? 何も知らないでいると【大損】をしますよ! しっかり学んでしっかり保険金をもらいましょう。 退職する前に後悔しないために!