初級編を応用した事例を紹介!|しっかりもらう雇用保険・失業保険



初級編を応用した事例を紹介!

雇用,保険,失業

これまで数年間、中級編は価値の高い情報であることから、有料情報として販売させて頂いておりました。


有料であるにも関わらず、多くの方にご購入頂き、また購入者からのたくさんの「役に立った」というご支持を頂いてきておりました。


しかし、昨今世の中は出口の見えない世界的不況下で多くの人が職を失い、住むところまで奪われ喘いでおります。


このような方からお金を頂戴するのは、如何なものかと悩んでおりました。


そしてついに、これまで有料とさせていただいておりました中級編の情報を無料にて公開することに踏み切りました。


全ての人に役に立つ内容とはなっていないかもしれませんが、せっかくですので一度目を通して頂きたいと思います。


初級編の知識的な部分とは違い、中級編はより実効的な内容となっております。


皆様のお役に立てる情報であることを心よりお祈り申し上げます。


どうすればお得なのか!簡単チャート!


正当な理由ある退職や会社都合にするにはどうすれば良いのか!


給付日数を最も増やす方法!


賃金日額を最も増やす方法!


職安手続きで注意するポイント!


バイトと内職で稼いでも大丈夫なラインはこれ!


職業訓練校に確実に入学する


モデルケース


初級編を応用した事例を紹介!記事一覧

どうすればお得なのか!簡単チャート!

@育児休業給付・職場復帰給付金を得る(育児休暇取得者のみ)この給付については初級編でしっかり説明していますので、そちらを参考にしてください。職場復帰給付金まで貰ってから次のステップへ進みましょう。A特定受給者資格を得るまずは給付制限も無く、給付日数が各段に多くなる特定受給資格を得られるようにしましょ...

≫続きを読む

 

正当な理由ある退職や会社都合にするにはどうすれば良いのか!

特定受給者資格(会社都合退職)を得るメリット:失業給付日数が格段に増える(失業給付日数は給付日数を最も増やす方法!参照)、給付制限がない要件は次の通りです。いずれかに当てはまればOKです。倒産または適用事業所の縮小/廃止に伴って離職を余儀なくされたものV倒産(破産、再生手続開始、整理開始、特別清算開...

≫続きを読む

 

給付日数を最も増やす方法!

所定給付日数給付日数は以下の基準となっています。給付日数を最も増やす方法は以下の2点です。@ 特定受給資格者になる。(正当な理由ある退職や会社都合にするにはどうすれば良いのか!参照)A 次の給付日数が増える区切りの年齢・被保険者期間までがんばる。(以前に失業給付や再就職手当てをもらわずに転職されてい...

≫続きを読む

 

賃金日額を最も増やす方法!

賃金日額は以下の計算式で求められます。賃金日額=退職前6ヶ月間の給与(全ての手当てを含む、賞与除く)の総額÷180(賃金日額の下限は2080円ですので、これ以下であれば賃金日額は2080円とします)賃金日額は以下の表のように、失業給付の日額を決定する重要な要素ですので多いに越したことはありません(上...

≫続きを読む

 

職安手続きで注意するポイント!

職安(=ハローワーク)ですが、かなりの裁量権が各ハローワークの係官にありますので、ハローワーク次第でいろんな「違い」が発生します。この難解なポイントがあるから当レポートでも頻繁に「所轄のハローワークに確認してください」という注意書きを入れています。ここでは、QA形式にて職安手続きで注意するポイントを...

≫続きを読む

 

バイトと内職で稼いでも大丈夫なラインはこれ!

アルバイトも内職もハローワークへ申請する必要があります(しないとあとでバレれば不正受給として倍返しをさせられる)。基本的にはアルバイトや内職をすると失業中とはみなされないので、失業給付が延ばされたり減らされたりします。それをギリギリのラインで避け、失業給付も給料も貰うポイントを整理します。(申告の程...

≫続きを読む

 

職業訓練校に確実に入学する

公共職業訓練(技術専門校・ポリテクセンター)の各コースは、ハローワークにパンフレットがあります。また、http://course.ehdo.go.jp/で検索できます。また、臨時的に募集をするようなコースもありますし、変り種のコースもありますので、こういうのはないのか?と希望がある場合は、検索したり...

≫続きを読む

 

モデルケース

下調べばっちりのAさんと、いきあたりばったりなBさんの違いAさんBさんともに高卒入社44歳で月収は40万円で、境遇は同じです。違うのは会社の辞め方〜失業給付の受け取りについてだけです。やめ方で変わる失業給付ある日、突然の職場変更の辞令を受け、残業の少ない庶務部門(月20h)から残業の多い経理部門へ移...

≫続きを読む