s0242【楽販アフィリオ】29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

理想の仕事を手に入れる転職ガイド 

あなたを天職へ導く転職の方法を教えます。転職を考えたらまずは一読ください。きっと何かが得られるはずです。

サイトマップ

優良企業はこういう人材を求めている

「企業はどんな人材を求めているのか」を理解することが、【キャリ活】を考える時に重要です。



会社員として企業に勤務し、昇進、キャリアアップという目標があるのなら、転職市場において優良な企業が求める人材像と、なぜそういう人材が求められるのかを理解しなくてはいけません。

キャリアアップの方法には、ずっと同じ会社でがんばって実績を残し、昇進して、キャリアアップしていく方法と、キャリアアップになる仕事に応募し、転職をすることでスキルやキャリアを伸ばしていく方法の2種類があります。

キャリアアップのために転職するのなら、応募する企業には、すでにその会社で実績を上げ、キャリアを伸ばしている人がいるということを常に頭に入れておかなければいけません。

そして、企業は中途採用という形で新しい人材を入れることで、会社をよりよい方向に持っていこうと考えているので、やめた人の補充のための採用でも、増員のための採用でも、今いる社員の平均以上の力を持った人材を求めます。

若手とはいえ実際に仕事の経験のある20代後半から35歳以下の人には、少なくともその会社で同じ仕事をしている社員と同じくらいか、それ以上の働きをすることを期待します。

転職には【即戦力】という言葉が付き物ですが、それは、新しい会社ですでに活躍している社員の平均よりも高い実績を、できる限り早く出す必要があるからです。

転職をして給料が上がるのは、即戦力として、新しい会社に貢献できる経験、スキルを信頼して先払いされていると考えなくてはいけません。

つまり、あまりにも高い給料が提示された場合は、会社からの期待値も高いということなのです。

ひとつの会社で働き続けるのではなく、転職でキャリアアップを目指すのであれば、自分が今やっている仕事の専門性を活かせる仕事に転職することが一番確実な選択肢です。

今いる業界で徹底的にスキルや実績を高め続ける。

それがキャリアアップの一番の近道であると同時に、企業が求める人材でもあるのです。

つまり、これからは会社員であっても、医者や弁護士同様、専門性を磨き、自分のキャリアを確立していく必要があるのです。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
何のための転職
その転職ちょっとまって
キャリアアップって何?
なぜ転職したいのですか?
その転勤動機はNG
今の不況期の転職市場
転職は35歳まで
資格って本当に役に立つ?
優良企業はこういう人材を求めている
実績の棚卸をする
5年後10年後にどうなっていたい?
採用される職務経歴書
身だしなみ振る舞いを普段から意識する1
身だしなみ振る舞いを普段から意識する2
会社はやめちゃダメ
職務経歴書はあなたの保証書です
有効的なキャリア活動アプローチ
人材紹介会社を使うとキャリア活動に有利?
人材紹介会社の種類と役割
キャリア活動するならサーチ型を使い倒す
あなたのキャリアデザイナー力
キャリアデザイナーと良好な関係を築こう
面接は双方向のコミュニケーション
面接前に会社の下見
人事・採用担当者の面接の視点
面接で緊張しているのはあなただけじゃない
自信ある自己アピールをするために
面接パフォーマンスを向上させるために
英語面接攻略法
究極の面接必勝法
面接はうまくいったと思ったけど
キャリア活動は、結婚活動と同じ
あなたが本当にしたい仕事
絶対譲れない年収・諸条件は決めておく
転職のタイミング
家族の了解はとっておく
できるだけ多くの面接にトライ
外資系と日本企業とどう違う?
採用通知にサインするまでキャリア活動は継続
円満退職は必須
今の会社から引き止められたら
入社前の不安や恐怖に対処
新しい会社で本当の即戦力になるために
新しい会社が合わないときは
転職から天職へ
新しい会社でもキャリアデザイナーとの関係を継続しよう
脳から成功を導く転職バイブル書
リンク集
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします
新規就農マニュアル【農業転職法】
「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術!

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】



理想の仕事を手に入れる転職ガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。