s0242【楽販アフィリオ】29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

理想の仕事を手に入れる転職ガイド 

あなたを天職へ導く転職の方法を教えます。転職を考えたらまずは一読ください。きっと何かが得られるはずです。

サイトマップ

面接パフォーマンスを向上させるために

≪回答力を強化する≫

それまでの経歴がすばらしいものであっても、面接でのパフォーマンスが最終的には採用の決め手となります。



以下は、面接でよく聞かれる質問と、その狙いです。

Q1.あなたの経歴をお話しください。

これは面接の最初の質問として必ず聞かれますが、あなたの自己PR力を見ることが面接官の意図です。

そこで、自分をプロフェッショナルとしてアピールできるように、まず、名前を述べて、職歴、スキルを簡潔に説明しましょう。

募集職種に関連のある経験や実績を強調し、3分以内に簡潔にまとめるといいでしょう。

Q2.転職活動の動機を教えてください。

ただ単に、「自分の市場価値を見たい」という理由で、冷やかしで面接を受けにくる人もいます。

そこで、面接官は、あなたの転職の動機が前向きなものなのか、また、本気で転職を考えているのかを見ます。

前向きに、キャリアアップのための転職を検討していることを伝えましょう。

「今の会社に勤務して5年になりますが、この5年間、常に結果を出してきたと自負しております。自分のキャリアについて検討していた際に、御社の○○営業のポジションで活かすことができると思い、今回、応募いたしました。」、「現在の会社には4年勤務し、そこでの○○の職において、実績を残してきましたが、現在のところ、今の会社には、今後、自分を伸ばしていけるキャリアパスがないため、さらに自分の実績を活かし、即戦力として貢献することができる新しい機会はないかと探しているところです。」などが模範的な回答です。

「人材紹介会社からすすめられたので」、「今の会社が嫌いだから」などという転職動機は当然NGです。

Q3.あなたの長所、強みはなんですか?

この質問は、あなたの自己認識を見ています。

そこで、あなたの、社会人として、ビジネスマンとして比較的自信のある仕事に役立つ長所、強みを1〜2つあげてPRします。

Q4.あなたの短所、弱みは何ですか?

これも長所同様、あなたの自己認識を問う質問です。

短所、弱みのない人間はいないので、「何もありません」とは答えないことです。

転職候補者としての選考に差しさわりがない程度の短所、弱みを上げましょう。

また、「お金にルーズで借金がいくらあります」などのような、人間として致命的な欠点、弱点は絶対に話してはいけません。

この質問では、候補者が自分自身を冷静に客観視できる人材なのかどうか、また、認識している弱点を改善せずに放っておく人なのか、それとも、何らか改善できるように考える人なのかという点を企業は見ています。

模範例を上げると、「私は人に仕事を任せるのがあまり得意ではなく、一人で抱え込んでしまう傾向があります。そこで、意識的にアシスタントの方に仕事を任せるようにしており、また、任せた仕事のプロセスは、特に問題がない限り、アシスタントのやり方を尊重するようにしています。」などです。

Q5.あなたが今までにやってきた仕事での成功例を教えてください。

これまでに取り組んできた仕事の中で、成果を上げたと誇りに思う成功例をいくつか話します。

その成功例について、「なぜそのように上手くいったのですか。」、「あなたが、それを成功させるために、どんな工夫をしましたか。」など、面接官から詳細を聞かれることもあるので、しっかりと、どのようなプロセスを経て成功したのか、整理しておくといいでしょう。

Q6.過去にあった仕事上の失敗例を教えてください。

誰でも失敗は必ずします。

もし、失敗をしたことがない人がいたとしたら、「失敗を恐れて新しいチャレンジを避ける人」か、「まわりから信用されていないため、失敗のしようがない簡単な仕事しか任されていない人」のどちらかです。

そこで、恐れずに、あなたが業務上失敗したと思える例を話してください。

ただし、今、応募している仕事を任せたくないと思われるような失敗や、社会人としてあり得ないような失敗の話は決してしてはいけません。

この質問で面接官が見ているのは、「その失敗からあなたが何を学ぶことができたか。」、「失敗してもただでは起きないという根性がある人なのか」ということです。

そこで、「こういう失敗をしました」で終わるのではなく、「同じ失敗を繰り返さないよう、○○するように心がけています。」と付け加えましょう。


≪質問力を強化する≫

面接は双方向のコミュニケーションなので、あなたも最低4つくらいの質問を用意しておきます。

質問することで、あなたが企業に興味を持っていることを示すことができ、また、応募している仕事に採用された際に、職責を遂行できるのか判断する材料を集めることもできます。

以下が質問例です。

・このポジションのくわしい職務内容を教えていただけますか。

・今回どうしてこのポジションを募集されているのですか。ビジネスの拡大でしょうか。それとも、前任の方がおやめになるのでしょうか。

・このポジションは部署の組織でどのような位置づけとなるのでしょうか。

・この部署は会社全体の中でどのような位置づけなのでしょうか。

・私はどなたの直属下で働くことになるのでしょうか。

・こちらの部署では最近どのようなプロジェクトを行われましたか。

・会社はどういった方向性をお持ちですか。

・今後のビジネス拡張計画はどのようなものですか。

・会社が直面している主だった課題は何ですか。

・御社は競合他社とどのような差別化を図っていらっしゃいますか。

・この部署はどのような雰囲気ですか。

≪面接先企業に聞いてはいけない質問≫

次のような質問は、ネガティブな印象を与える可能性があるので、面接先の企業の面接官にではなく、担当キャリアデザイナーに確認しましょう。

・給与や福利厚生などの待遇面に関する質問

・有給や育児休暇等に関する質問

・解雇される可能性を確認する質問

また、「どう聞いていいかわからないけど聞きたい」質問があれば、担当キャリアデザイナーにどう聞けばいいかアドバイスを仰ぎましょう。

≪その他、企業側から聞かれる可能性のある質問例≫

・なぜ、あなたがこのポジションにふさわしいと思いますか。

・プレッシャーの下での仕事にどのように対処しますか。

・あなたの仕事が批判された時、どのように対処しましたか。

・仕事上の利害問題に直面した際、どのように対処しましたか。

・むずかしい顧客にどのように対処しますか。

・単独と、グループと、どちらかで働くのが好きですか。また、その理由は。

・この会社は現在勤務されるところとかなり違いますが、どのように適応しているとお考えですか。

・この会社に何を期待しますか。

・ご自分のこれまでの実績をどのように思われますか。

・これまでの予算目標を達成されてきました。

・このポジションで一番興味を感じない部分、また、最も興味があるのは。

・これまで勤務された会社は、あなたについて、またあなたの弱点についてどのように描写すると思いますか。

どのような質問にも、常に前向きに、そして自信を持って回答するように心がけましょう。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
何のための転職
その転職ちょっとまって
キャリアアップって何?
なぜ転職したいのですか?
その転勤動機はNG
今の不況期の転職市場
転職は35歳まで
資格って本当に役に立つ?
優良企業はこういう人材を求めている
実績の棚卸をする
5年後10年後にどうなっていたい?
採用される職務経歴書
身だしなみ振る舞いを普段から意識する1
身だしなみ振る舞いを普段から意識する2
会社はやめちゃダメ
職務経歴書はあなたの保証書です
有効的なキャリア活動アプローチ
人材紹介会社を使うとキャリア活動に有利?
人材紹介会社の種類と役割
キャリア活動するならサーチ型を使い倒す
あなたのキャリアデザイナー力
キャリアデザイナーと良好な関係を築こう
面接は双方向のコミュニケーション
面接前に会社の下見
人事・採用担当者の面接の視点
面接で緊張しているのはあなただけじゃない
自信ある自己アピールをするために
面接パフォーマンスを向上させるために
英語面接攻略法
究極の面接必勝法
面接はうまくいったと思ったけど
キャリア活動は、結婚活動と同じ
あなたが本当にしたい仕事
絶対譲れない年収・諸条件は決めておく
転職のタイミング
家族の了解はとっておく
できるだけ多くの面接にトライ
外資系と日本企業とどう違う?
採用通知にサインするまでキャリア活動は継続
円満退職は必須
今の会社から引き止められたら
入社前の不安や恐怖に対処
新しい会社で本当の即戦力になるために
新しい会社が合わないときは
転職から天職へ
新しい会社でもキャリアデザイナーとの関係を継続しよう
脳から成功を導く転職バイブル書
リンク集
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします
新規就農マニュアル【農業転職法】
「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術!

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】










































































































理想の仕事を手に入れる転職ガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。