s0242【楽販アフィリオ】29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

理想の仕事を手に入れる転職ガイド 

あなたを天職へ導く転職の方法を教えます。転職を考えたらまずは一読ください。きっと何かが得られるはずです。

サイトマップ

自信ある自己アピールをするために

【キャリ活】面接を成功させる最大のポイントは、企業や応募している募集職種に対して、どう付加価値をもたらすことができるか、これまでの経験や、習得した技術、取り組んだプロジェクトなどを活かして、どのような結果を出すことができるかを自信を持ってアピールすることです。



本番できちんと自己アピールができるよう、充分な面接の準備が必要です。

≪面接で注意すべきこと≫

1.事前確認を忘れない

面接の時間・場所、面接官の名前や肩書きをよく確認し、メモしておく。

2.ビジネススーツ着用

面接にふさわしい服装で、身だしなみチェックを完璧に行う。

万一ビジネススーツを着ていくことができない場合は、事前にキャリアデザイナーから企業にその旨を伝えてもらう。

3.時間厳守

面接の10分前には面接先に到着し、受付に行く前に、お手洗いなどで再度、身だしなみをチェックする。

万一遅れる場合は、事前に担当キャリアデザイナーか、先方の人事担当者に連絡する。出かける前に確実に電話番号を控えておく。

4.積極的な姿勢で

今までの実績をアピールできるのは自分自身だけなので、積極的な姿勢で臨む。

5.先方の情報を集めることに徹する

面接では、積極的に【業務】についての情報を集めるようにする。

給料や福利厚生等の条件などについてはキャリアデザイナーに確認し、面接官からいわれない限りはこちらからは聞かない。

≪面接を成功させるための準備≫

事前に【相手】を理解することは、あなたの強みを売り込み、即戦力になりうる人材だと面接官にアピールすることにもつながります

1.企業について研究する

事前の企業研究は、自発性や熱意、ポジションに対する強い関心のアピールに役立ちます。

近い将来活躍するかもしれない企業ですので、面接前の下調べはしっかり行いたいものです。

中でも最低限必要なことは、企業のホームページの確認でしょう。

扱う商品、サービス、会社概要や最近の社内ニュースについても調べておきます。

競合他社、オフィス所在地、最近の事業成長や将来性に関しても把握しておくといいでしょう。

また、企業文化や、採用担当者の性格、バックグラウンドについても、担当キャリアデザイナーに聞いておきましょう。

2.応募している職種、募集要項について下調べをする

募集要項をしっかり確認しておきましょう。

企業からの依頼が急で、募集要項が文書として用意されていない場合は、口頭でもいいので、担当キャリアデザイナーに企業がその仕事に応募してくる人材に何を求めているのかを可能な限り確認しておきます。


≪面接必勝アピール術≫

1.具体的に示せる実績を用意する

企業の求めるものを理解したら、面接では自分のスキルや経験が、企業の求めているものであることをアピールします。

自分が求められている人材であるということを証明するために、これまでの実績を示すことができる実例を用意しておく必要があります。

たとえば、「ソフトウェアの営業担当者として、入社以来、営業成績は常に100%を超えており、昨年度の売上高は1億2000万円とチームで一番の実績を残しました」などと、具体的に数値で提示できればいうことなしです。

2.質問を用意する

面接は双方向で進められます。

そこで、面接官があなたから情報を引き出す一方、あなたも応募している仕事や企業があなたにふさわしいものなのかを見定めるために、情報を引き出すための質問をしなくてはなりません。

質問を通じて、募集されるようになった経緯、職務内容、業績評価方法などを確認します。

そのためには、面接で確認したい質問をあらかじめ用意しておきます。

また、【キャリ活】を始めたら、いつ、どの企業から採用通知が届いてもいいように、常に「入社を決めるのにどういった情報が必要か」、「どのような条件がクリアになれば、この仕事に就きたいと思うのか」をシュミレーションしておく必要があります。

3.面接中は、リラックスして、集中して

面接には自信を持って、リラックスして臨みましょう。

そして、面接官からの質問をよく聞き、簡潔かつポジティブな返答をしましょう。

万一質問の意味がわからない場合は、適当に答えるのではなく、「すみません。もう一度お願できますか」と聞きましょう。

そして、自分がいかにその募集職種や企業にマッチしているのかを実例をあげて説明します。

面接官の目を見て、始終注意深く、そして、笑顔を忘れないことが重要です。

たとえ、面接中に先方の仕事に対して興味がないと感じても、途中で態度を変えず、最後まで、社会人として、面接のために時間を割いてくれた相手に感謝し、集中しましょう。

そして、仕事としてのフィットはなくても「いい人材だ」という印象を残すように努めるべきです。

4.面接のあとは担当キャリアデザイナーにすぐに連絡を

面接が終わり、会場から出たらすぐに、担当キャリアデザイナーに連絡をしましょう。

面接で、どう答えたらいいのかわからない質問があった場合は、すぐに相談して、アドバイスをもらいます。

不明な点をしっかり解決しておけば、他社との面接でもその経験は活かすことができるでしょう。

キャリアデザイナーは、あなたの面接の感想を把握した上で、企業と連絡を取り、次のステップに備えます。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
何のための転職
その転職ちょっとまって
キャリアアップって何?
なぜ転職したいのですか?
その転勤動機はNG
今の不況期の転職市場
転職は35歳まで
資格って本当に役に立つ?
優良企業はこういう人材を求めている
実績の棚卸をする
5年後10年後にどうなっていたい?
採用される職務経歴書
身だしなみ振る舞いを普段から意識する1
身だしなみ振る舞いを普段から意識する2
会社はやめちゃダメ
職務経歴書はあなたの保証書です
有効的なキャリア活動アプローチ
人材紹介会社を使うとキャリア活動に有利?
人材紹介会社の種類と役割
キャリア活動するならサーチ型を使い倒す
あなたのキャリアデザイナー力
キャリアデザイナーと良好な関係を築こう
面接は双方向のコミュニケーション
面接前に会社の下見
人事・採用担当者の面接の視点
面接で緊張しているのはあなただけじゃない
自信ある自己アピールをするために
面接パフォーマンスを向上させるために
英語面接攻略法
究極の面接必勝法
面接はうまくいったと思ったけど
キャリア活動は、結婚活動と同じ
あなたが本当にしたい仕事
絶対譲れない年収・諸条件は決めておく
転職のタイミング
家族の了解はとっておく
できるだけ多くの面接にトライ
外資系と日本企業とどう違う?
採用通知にサインするまでキャリア活動は継続
円満退職は必須
今の会社から引き止められたら
入社前の不安や恐怖に対処
新しい会社で本当の即戦力になるために
新しい会社が合わないときは
転職から天職へ
新しい会社でもキャリアデザイナーとの関係を継続しよう
脳から成功を導く転職バイブル書
リンク集
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします
新規就農マニュアル【農業転職法】
「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術!

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】







































































理想の仕事を手に入れる転職ガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。