s0242【楽販アフィリオ】29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

理想の仕事を手に入れる転職ガイド 

あなたを天職へ導く転職の方法を教えます。転職を考えたらまずは一読ください。きっと何かが得られるはずです。

サイトマップ

人事・採用担当者の面接の視点

中途採用の面接には、一般的に平均3回のステップがあります。



人事担当者との面接、直属の上司になる予定の人との面接、そして社長または部門長との面接という形が一般的です。

しかし、企業によって、最初の面接で誰が出てくるかは異なるので、事前に担当キャリアデザイナーに確認する必要があります。

同じ面接でも、人事担当者、採用担当者、社長(部門長)ではあなたを見る視点がまったく違います。

それぞれ次のポイントに気をつけることが重要です。

≪人事担当者≫

人事担当者の役割は候補者をふるいにかけることです。

最初の面接官が人事担当者の場合は、面接を受ける候補者が会社や募集職種に対して最低限マッチしているかどうかの再確認です。

人事担当者には採用の最終決定権はありませんが、候補者のスキル、経験が微妙なレベルの場合、人事担当者の意見が採用される場合があります。

また、最終面接が人事面接となるケースもまれにありますが、そのケースでは、「この人を採用したい」と考えている採用担当者や社長(部門長)に代わって、候補者の人間性などの基本的な部分を最終確認しています。

≪採用担当者(直属の上司になる予定の人)≫

この段階の面接では、仕事ができるかどうかを見ているのと同時に、一緒に仕事をしたいと思えるかどうかといったお互いの相性、他のチームメンバーとうまくやっていけそうかどうか、年齢、年収等、他のチームメンバーとのバランスはどうかを見ています。

そこで、採用担当者が、あなたの仕事の実績とやる気に満足しただけでなく、人間的にも気に入れば、採用される確率が高くなります。

≪社長(部門長)≫

ここでは当然、あなたが会社や部門にフィットするかどうかを見ます。

基本的に、直属の上司になる採用担当者が採用する意思を表明していれば、単純に「顔合わせ」になる場合が多いようです。

ただし、採用担当者が「まあまあいい」程度の判断の場合は、仕事の実績などをくわしく聞かれる可能性があります。

どの面接官からも好かれる努力が必要ですが、ウソの自分を表現するのではなく、身だしなみ、ビジネスマンとしての自分の強み、社会人としての責任感、誠実さといったところをアピールして、好感度をアップさせることが重要です。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
何のための転職
その転職ちょっとまって
キャリアアップって何?
なぜ転職したいのですか?
その転勤動機はNG
今の不況期の転職市場
転職は35歳まで
資格って本当に役に立つ?
優良企業はこういう人材を求めている
実績の棚卸をする
5年後10年後にどうなっていたい?
採用される職務経歴書
身だしなみ振る舞いを普段から意識する1
身だしなみ振る舞いを普段から意識する2
会社はやめちゃダメ
職務経歴書はあなたの保証書です
有効的なキャリア活動アプローチ
人材紹介会社を使うとキャリア活動に有利?
人材紹介会社の種類と役割
キャリア活動するならサーチ型を使い倒す
あなたのキャリアデザイナー力
キャリアデザイナーと良好な関係を築こう
面接は双方向のコミュニケーション
面接前に会社の下見
人事・採用担当者の面接の視点
面接で緊張しているのはあなただけじゃない
自信ある自己アピールをするために
面接パフォーマンスを向上させるために
英語面接攻略法
究極の面接必勝法
面接はうまくいったと思ったけど
キャリア活動は、結婚活動と同じ
あなたが本当にしたい仕事
絶対譲れない年収・諸条件は決めておく
転職のタイミング
家族の了解はとっておく
できるだけ多くの面接にトライ
外資系と日本企業とどう違う?
採用通知にサインするまでキャリア活動は継続
円満退職は必須
今の会社から引き止められたら
入社前の不安や恐怖に対処
新しい会社で本当の即戦力になるために
新しい会社が合わないときは
転職から天職へ
新しい会社でもキャリアデザイナーとの関係を継続しよう
脳から成功を導く転職バイブル書
リンク集
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします
新規就農マニュアル【農業転職法】
「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術!

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】



理想の仕事を手に入れる転職ガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。