ステロイド薬不使用のアトピー治療について 

アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜

アトピー患者には共通する身体の弱点がある!胃腸、皮膚、ゆがみ、汗など。ステロイドが怖いというあなたは一度このサイトを呼んでみてください。

サイトマップ

統合医療で身体を治す、身体を治してアトピーを治す!

アトピー性皮膚炎は「皮膚」だけの問題でなく、「身体」の問題でもあります。



身体に問題があるからこそ、その問題点を解消するために体質改善が必要なのです。

そのために、胃腸機能を改善し、身体のゆがみを治し、皮膚を厚くして、免疫機能を高め、よい汗をかけるようにするといった一見遠回りに思われる方法が、アトピー治療の決め手なのです。

アトピーでは、不適切な治療を受けたために悪化させたケースやステロイド剤に対する過剰な拒絶反応など、いろいろな問題が患者のとまどいを大きくしています。

アトピー治療の中心となっているステロイドは、日本皮膚科学会のガイドラインにも「疾患そのものを完治させうる薬物療法はない」と書かれており、対症療法として使わざるを得ない現状があります。

ステロイドやタクロリムス軟膏などの薬物治療はもちろん必要な場合もありますが、薬物治療だけではアトピーは完治しません。

そこで、アトピーの完治には体質改善がもっとも重要になってきます。

つまり、対症療法に依存する西洋医学だけでは、もはや限界なので、西洋と東洋、古きと新しき、そして全体と部分の医学を包括した統合医療が今まさに、アトピー治療の主流になろうとしているのです。

医学博士も推薦するアトピー克服法|アトピー地獄からの脱出!
脱ステロイドを目指す!「総合医療」でアトピーは撃退できる!
アトピー性皮膚炎が治りにくくなっている!
「総合医療」の考え方でアトピーは治療できる!
体質改善でアトピーは完治する!
引きこもらずに、外に出かけるだけで症状が軽減!
アレルギー人口は確実に増えている!
アレルギーとは何か?
免疫とは身体を守るしくみ
ステロイドのことを正しく知っていますか
なぜステロイド使用が一般的なのか?
ステロイドには正しいやめ方がある
今までの治療歴が皮膚に与えたダメージは?
「表皮タイプ」によって違う「ステロイド外用剤」の影響
アトピー治療の新しい外用薬「タクロリムス軟膏」
酸化作用がある防腐剤入りは逆効果
生まれながらに備わっている複雑怪奇な免疫のしくみとは?
身体の弱点がアトピーを呼んでいる?
アトピー撃退には体質改善がいちばんいい
アトピー患者に共通する4つの弱点
体質改善のための4つのプログラム
自然治癒力を引きだす、漢方の威力
アトピー完治には、こんな漢方が効果的!
漢方で身体の不調がどう変わるのか?
体質改善のつもりが症状悪化も!自己判断での食事療法にはご用心。
ビタミン・ミネラルの大量摂取は効果絶大
アトピー治療に効果的なビタミン・ミネラル
なかでも注目すべきはビタミンC
皮膚の70%を占めるコラーゲンを合成する作用があった
アトピー患者にはビタミンCが不足している
ビタミンCの大量摂取で症状が改善する!
サプリメントだからできるビタミンCの「大量摂取」
「水溶性」のビタミンCの特性を利用し、吸収率のアップを狙おう!
皮脂膜、表皮、真皮の症状ごとにスキンケアは変わる
どんな肌でも3つの基本のスキンケアで皮膚を守る!
アトピーの個人差はどこで出るのか
治りにくいタイプ、治りやすいタイプ
アトピー性皮膚炎患者に不足している、「免疫グロブリンA」は汗に含まれる!
身体のゆがみが皮膚の血行不良を呼ぶ! 正體で血流アップ!
子どもの場合はとくに正體が重要
身体のゆがみをチェックしよう!
一人でもできる身体のゆがみの改善法
自然にゆがみを治す正しい歩き方
皮膚の症状別の温泉療法。こんな症状には、この泉質が効く!
夏でも食べたい野菜の栄養丸ごとの鍋パワー!
これが、アトピーが治りはじめたサイン!
見逃すな!皮膚改善の7つのサイン
アトピーはこの部位から治っていく!
アトピー完治、でも終わりではない!
症状悪化の原因、パーマやヘアカラーは完治まで我慢!
アトピー完治のゴールまで、それぞれの戦い
生活も心もアトピーに占領されないようゆとりをもって!
統合医療で身体を治す、身体を治してアトピーを治す!
・あなたもきっと良くなる!アトピー性皮膚炎を自分で改善する5つの法則
リンク集
アトピーが3か月でグングンよくなる法則
25年かけてやっと気づいたアトピーの本質を知るとアトピーを克服できる
アトピー性皮膚炎改善法7つの鍵

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ



ステロイド薬不使用のアトピー治療について All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。