ステロイド薬不使用のアトピー治療について 

アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜

アトピー患者には共通する身体の弱点がある!胃腸、皮膚、ゆがみ、汗など。ステロイドが怖いというあなたは一度このサイトを呼んでみてください。

サイトマップ

「水溶性」のビタミンCの特性を利用し、吸収率のアップを狙おう!

ビタミンCの効果的なとり方とは?

ビタミンCの1日の栄養所要量は成人の場合で100mgです。



しかし、レモン1個の所要量が20mg、サツマイモ1本で100mgなので簡単にとれそうで、油断すれば不足しがちになります。

アトピー性皮膚炎にとって良質なビタミンCは欠かすことのできない栄養成分なので、確実に摂取するためにはサプリメントは欠かせません。

しかし、サプリメントを摂取していても、バランスのいい食事は必要です。

他の食品に含まれるフラボノイドなどの作用が、ビタミンCの吸収をよくするので、毎日の食生活に意識してビタミンCをとりいれてこそ、サプリメントの相乗効果が生まれるのです。

次にあげるのは、ビタミンCを効率よくとるためのポイントです。

@野菜や果物を、1日1種類はとる

ビタミンCを多く含む食品は、野菜と果物に多く、果物ならアセロラ、グレープフルーツ、パパイヤ、レモン、柿などがあります。

これらの果物は、便秘の解消にも効果があるので、意識的に1日に1種類はとるように心がけたいものです。

また、ビタミンCは熱に弱いので、火を加えないでそのまま食べられる果物が、効率よくビタミンCを摂取するのに最適です。

たとえば、食事の際に醤油や塩の代わりにレモン汁をつけたり、外食が多く揚げ物をよく食べたり、肉が好きな人は、レモンを絞って食べることを習慣にするとよいでしょう。

レモンの輪切りにハチミツをかけたハニーレモンも、冷蔵庫に常備して、おやつやコーヒーの代わりにとることもおすすめの方法です。

A調理法に工夫をする

ビタミンCは、鶏、豚などの肉のレバーにも多く含まれています。

野菜ではキャベツ、小松菜、サツマイモ、赤ピーマン、モロヘイヤなどに多く含まれていることが知られています。

ビタミンCは加熱に弱いので料理でとることは意外と難しいですが、スープなら溶けだしたビタミンCをしっかりとることができます。

キャベツを使った洋風スープや、小松菜の味噌汁などバリエーションをつければ毎日飽きずにとることができます。

野菜は、それ以外の調理法でも、水洗いはさっとすませ、熱を通す時間を最小限にとどめることが重要です。

B1日に何回かに分けて摂取する

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、水に溶けやすく、一度に大量にとっても腸で吸収できる分量は決まっており、身体の中にとどめておくことができずに排泄されます。

そこで、1日に何回かに分けて摂取する必要があります。

サプリメントでとる場合も、飲み忘れたからといって2回分を一度にとっても効果は変わりません。

CビタミンCは食後にとる

満腹時に比べると空腹時の方がビタミンCの吸収速度が速くなります。

しかし、吸収速度が速いと、過剰な分はすぐに排泄されていまいます。

そこで、ビタミンCは食後の満腹時にとるようにしましょう。

満腹時にはビタミンCの吸収速度は遅くなりますが、その結果、吸収している間にビタミンCが消費され、消費される分だけ多く吸収することができます。

満腹時の吸収量は空腹時の1.6倍だといわれています。

食後のデザートに果物を食べるように、サプリメントも食後にとるようにしましょう。

Dたんぱく質、ビタミンEと一緒にとる

ビタミンCはたんぱく質、ビタミンEと一緒にとるようにしましょう。

たんぱく質と一緒にとることで、皮膚をつくるのに欠かせないコラーゲンの生成を活発にします。

コラーゲンはたんぱく質からつくられますが、ビタミンCはコラーゲンの働きを助けるのです。

一方、ビタミンEには細胞の酸化を防ぐ特性があります。

このときに、ビタミンE自体は活性酸素と結びついて酸化してしまいますが、ビタミンCは酸化したビタミンEを元の状態に戻す働きをします。

ビタミンEは、緑黄色野菜、レバー、玄米などに多く含まれているので、たっぷりの野菜と、肉、魚、大豆製品などのたんぱく質、玄米ご飯、果物を何か一品といったバランスのよい食事がアトピー性皮膚炎の治療のためには重要なのです。

体質改善の一環として、サプリメントを飲むことや食生活を改善することをぜひとりいれましょう。

医学博士も推薦するアトピー克服法|アトピー地獄からの脱出!
脱ステロイドを目指す!「総合医療」でアトピーは撃退できる!
アトピー性皮膚炎が治りにくくなっている!
「総合医療」の考え方でアトピーは治療できる!
体質改善でアトピーは完治する!
引きこもらずに、外に出かけるだけで症状が軽減!
アレルギー人口は確実に増えている!
アレルギーとは何か?
免疫とは身体を守るしくみ
ステロイドのことを正しく知っていますか
なぜステロイド使用が一般的なのか?
ステロイドには正しいやめ方がある
今までの治療歴が皮膚に与えたダメージは?
「表皮タイプ」によって違う「ステロイド外用剤」の影響
アトピー治療の新しい外用薬「タクロリムス軟膏」
酸化作用がある防腐剤入りは逆効果
生まれながらに備わっている複雑怪奇な免疫のしくみとは?
身体の弱点がアトピーを呼んでいる?
アトピー撃退には体質改善がいちばんいい
アトピー患者に共通する4つの弱点
体質改善のための4つのプログラム
自然治癒力を引きだす、漢方の威力
アトピー完治には、こんな漢方が効果的!
漢方で身体の不調がどう変わるのか?
体質改善のつもりが症状悪化も!自己判断での食事療法にはご用心。
ビタミン・ミネラルの大量摂取は効果絶大
アトピー治療に効果的なビタミン・ミネラル
なかでも注目すべきはビタミンC
皮膚の70%を占めるコラーゲンを合成する作用があった
アトピー患者にはビタミンCが不足している
ビタミンCの大量摂取で症状が改善する!
サプリメントだからできるビタミンCの「大量摂取」
「水溶性」のビタミンCの特性を利用し、吸収率のアップを狙おう!
皮脂膜、表皮、真皮の症状ごとにスキンケアは変わる
どんな肌でも3つの基本のスキンケアで皮膚を守る!
アトピーの個人差はどこで出るのか
治りにくいタイプ、治りやすいタイプ
アトピー性皮膚炎患者に不足している、「免疫グロブリンA」は汗に含まれる!
身体のゆがみが皮膚の血行不良を呼ぶ! 正體で血流アップ!
子どもの場合はとくに正體が重要
身体のゆがみをチェックしよう!
一人でもできる身体のゆがみの改善法
自然にゆがみを治す正しい歩き方
皮膚の症状別の温泉療法。こんな症状には、この泉質が効く!
夏でも食べたい野菜の栄養丸ごとの鍋パワー!
これが、アトピーが治りはじめたサイン!
見逃すな!皮膚改善の7つのサイン
アトピーはこの部位から治っていく!
アトピー完治、でも終わりではない!
症状悪化の原因、パーマやヘアカラーは完治まで我慢!
アトピー完治のゴールまで、それぞれの戦い
生活も心もアトピーに占領されないようゆとりをもって!
統合医療で身体を治す、身体を治してアトピーを治す!
・あなたもきっと良くなる!アトピー性皮膚炎を自分で改善する5つの法則
リンク集
アトピーが3か月でグングンよくなる法則
25年かけてやっと気づいたアトピーの本質を知るとアトピーを克服できる
アトピー性皮膚炎改善法7つの鍵

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ













ステロイド薬不使用のアトピー治療について All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。