不思議と禁煙が成功するサイト 

ヘビースモーカーでも4週間で禁煙する方法

自信をもってください。あなたの決断は間違いなく「英断」であり、そして、決して間違いではないのだと。非喫煙者としての暮らしが日常になるとき、あなたにもそのことが確信できるはずです

サイトマップ

想像を絶する「1本」の恐怖

あの苦しい禁煙も成功したし、今日はとにかくがんばったから、たまにはちょっと1本くらいいいだろう・・・この考え方こそ、底の知れないたばこ地獄への入り口です。



あなたがたばこを吸い始めたのも、間違いなく「ちょっと1本・・・」というその安易さが道を決定したはずです。

一定期間禁煙が成功すると、喫煙者の心は緩みます。

1本吸ったって問題ない、あるいは、本当に問題ないかどうか確認しようという意味で、あえてたばこに火をつけるというおろかな行為に走る人もいます。

しかし残念ながら、その1本でこれまでの苦労は水の泡です。

そのくらい、たばこの悪魔はしたたかなのです。

いつ心に隙間を生じるのか、そのときが来るのをひたすら息を潜めて待ち続けているのです。

それがたばこの悪魔の本性です。

たばこは、1本吸った瞬間に中毒になる――たとえ一度禁煙に成功した人であっても、このことだけは絶対に肝に銘じておくべきです。

そしてそれは同時に、たばこの悪魔の恐ろしさを認識することになるのです。

思えばこれは不思議な心理です。

だって、喫煙者に対して「喫煙者になる前の、非喫煙者としての自分に戻りたいですか?」と問えば、誰もが決まって「No!」と即答するのです。

それなのに、「ちょっと1本・・・」という想像を絶する危険を進んで侵すのですから。

しかしそれこそが、たばこという悪魔の本質なのです。もう自分にウソをつくのはそろそろやめにしましょう。

誰だってできます。簡単にできます。

真実の自分を見つめるだけでよいのです。

それはすなわち、誰にだって簡単にたばこをやめることができるということなのです。

禁煙マスター
ついに悪夢からの解放
It's so easy to stop smoking!
今すぐ禁煙する必要はありません
いくら健康のことを考えたところで、吸うやつぁ吸う!
喫煙の必要性
矛盾に満ちた不思議な存在
根拠に乏しい喫煙者の「理由」
想像以上に精緻な罠
喫煙をめぐる混迷
たばこを吸うことに理由はあるのか
たばこがやめられない理由
人はいかにイメージに左右されやすい生き物か
たばこ依存症になりやすい人とは
喫煙で得るものとは
自信をなくすのはたばこのせい
たばこは退屈しのぎになるのか
たばこは集中力を高めてくれるのか
「喫煙ミッション」の遂行
喫煙しているうちは緊張感もつづく
喫煙理由が混在する状況
チェーンスモーカーになるタイミング
たばこをやめて失うものとは?
たばこをやめればもっとすばらしい人生を送れる!
自ら望んで奴隷になるのか
それでも不安をひた隠しに隠し・・・
喫煙者の浪費
数百万の大金損失は「ほんの1本」から始まる
もうあなたをむしばんでいる「たばこの害」
後悔したいのか?
すでに時限装置のスタートボタンに指がかかっている!
吸うほどに増す疲労感
喫煙による不安の増大
喫煙者の深層心理
禁煙に精神論は不要である
頑張ったところで禁煙は無理
禁煙が「高い山」のように思える
喫煙理由を懸命に探る
たばこの呪縛は永遠である
減煙するなら禁煙したほうがはるかにラク!
減煙には解毒効果はない
想像を絶する「1本」の恐怖
非へヴィースモーカーのスモーカー
未成年者の喫煙
隠れて喫煙する喫煙者
喫煙者と社会的プレッシャー
失敗しないことが重要
ベストのタイミングとは?
今!たった今、やめよ!
麻薬中毒とたばこ中毒
「禁煙太り」の真実
禁煙の理由をしっかりと!
「禁断症状」という幻影
「禁煙開始」から「完全禁煙」まで
禁煙をエンジョイする
「1本」ですべてが終わる
禁煙しにくい人々
「禁煙失敗」となる理由
代替品の効果?
代替品は逆効果
吸わなくてもよい喜び
この方法でよかった!と思える
あまり意識過剰になり過ぎない
いよいよ「最後の1本」を吸うとき
Last Warning
再び喫煙者になる人
禁煙してもなお苦しむ人
喫煙者救出作戦
大切な人を禁煙に導く
禁煙期間中にすべき協力とは
ありがとうタバコ。【中身確認OK】禁煙しない卒煙ステップ〜「ありがとう」と感謝して、大好きなタバコをやめる方法〜
脳をコントロールして禁煙する方法
YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
“完全にタバコから解放される”為の禁煙方法【リラックス禁煙法】 冊子版



不思議と禁煙が成功するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。