不思議と禁煙が成功するサイト 

ヘビースモーカーでも4週間で禁煙する方法

自信をもってください。あなたの決断は間違いなく「英断」であり、そして、決して間違いではないのだと。非喫煙者としての暮らしが日常になるとき、あなたにもそのことが確信できるはずです

サイトマップ

頑張ったところで禁煙は無理

禁煙の難しさがいったいどこに由来するのか――それは、「がんばろう」という意識に由来するのです。



がんばろうと思うから難しいのであって、がんばらなければ別に禁煙は難しくはないということになるはずです。

実はこの部分に禁煙への解決策があるのです。

そのためにも、プリミティヴな時点に立ち返り、「非喫煙者」から「喫煙者」になってしまったその瞬間のことを思い出す必要があります。

ですからこれは一種のプライマルセラピーです。喫煙者のほとんどすべてが、「よし、今日から俺は喫煙者だ」と意気込んでたばこに火をつけるなんていうおろかな行為に走ってはいないはずです。

直前まで非喫煙者だったのですから、そんなにおろかな行為はしません。

おそらく初めはみな、さまざまなキッカケで「ためしに1本吸ってみるか・・・」という程度のはずです。

言ってみれば、喫煙の始まりは「ものの弾み」にしか過ぎません。

そして、強烈な臭いと不愉快千万な味、そして気管に充満する不快感から、「こんなものはすぐにでも足を洗える」、と思うはずです。

実は、この時点ですでにたばこの繰り出す「罠」にかかっているのです。

ところが、人付き合いやら間を持たせるやら仕事の合間やら食後の一服やらということを理由として、「臭いが強烈」で、「まずく」て、「苦しい」たばこを吸い始めてしまいます。

当然そういうタイミングでは、喫煙者にとってたばこは「おいしいいもの」でしかなく、まだ「なくてはならないもの」にはなっていないはずです。

しかし、このときほとんどの喫煙者は「たばこ中毒」に感染しているのです。

にもかかわらず、「おいしいから吸う。いつだってやめられるんだ」という身勝手な幻想により、自分がたばこ毒に侵されていることになかなか気づくことができないのです。

でも、意識のどこかに「いつまでも吸うべきものではない」という「非喫煙者」の意識(要素)が残っているので、誰もが禁煙しようという発想に至るのです。

そして、そのとき初めて喫煙者は気づくのです。

禁煙が難しい(=たばこが「なくてはならないもの」である=自分が中毒に侵されている)ことに・・・やめることが難しいとわかると、今度はストレスが生じます。

やめている期間、どうしても「1本」が吸いたくなるはずです。

しかし吸ってはいけない。

その思いが強ければ強いほどストレスを蓄積します。

そしてそのストレスがまた「1本吸いたい」という気持ちにさせるのです。

まさにそれは悪魔のささやきです。

こんなに苦しい状況は他にちょっと思い当たりません。

そして、喫煙者はみなこう思います。

「禁煙ではなく、減煙にしよう」と・・・そして「1本」に火をつけた瞬間、ストレスから解放されるのです。

そして、また別のストレスが身体を襲うと、「禁煙」というタガが外れている状況なら、次の「1本」には難なく火をつけることができてしまうです。

ところが、人生というのはうまくつくられていて、年齢を重ねれば重ねるほど、ストレスというのは多くなっていくものです。

ということは、「がんばろう」と考えて禁煙しようとする以上、禁煙のチャンスなんて絶対に訪れるはずがないのです。

まずはそのメカニズムをよく理解してください。

ただ、理解すると同時に、ある疑問が脳裏をよぎるはずです。

そう、それは「じゃあ、結局のところ、禁煙なんて逆立ちしたってできっこないのでは?」という疑問です。

いや、疑問というよりはある種の「恐怖」のようにとらえられるかもしれません。

しかし、禁煙に成功したという人は実際に数多く存在していることもまた事実です。

しかも、実に意外なことに、禁煙に成功した人というのは、実はあまり苦しまずに禁煙できているのです。

よく耳にする体験談として、ひどい風邪をひいてしまって、それ以来たばこを吸うことなんてまったく考えなくなった、などというものがあります。

結論から言ってしまうと、風邪をひいたくらいでできるほど禁煙のメカニズムは単純ではありません。

ただ、実際に風邪をキッカケとしてその人は禁煙しているのです。

これは紛れも無い事実であり、そこには「風邪」という媒介物が存在していたに違いありません。

これが禁煙への大きなヒントになっている可能性も大いにあるはずです。

禁煙マスター
ついに悪夢からの解放
It's so easy to stop smoking!
今すぐ禁煙する必要はありません
いくら健康のことを考えたところで、吸うやつぁ吸う!
喫煙の必要性
矛盾に満ちた不思議な存在
根拠に乏しい喫煙者の「理由」
想像以上に精緻な罠
喫煙をめぐる混迷
たばこを吸うことに理由はあるのか
たばこがやめられない理由
人はいかにイメージに左右されやすい生き物か
たばこ依存症になりやすい人とは
喫煙で得るものとは
自信をなくすのはたばこのせい
たばこは退屈しのぎになるのか
たばこは集中力を高めてくれるのか
「喫煙ミッション」の遂行
喫煙しているうちは緊張感もつづく
喫煙理由が混在する状況
チェーンスモーカーになるタイミング
たばこをやめて失うものとは?
たばこをやめればもっとすばらしい人生を送れる!
自ら望んで奴隷になるのか
それでも不安をひた隠しに隠し・・・
喫煙者の浪費
数百万の大金損失は「ほんの1本」から始まる
もうあなたをむしばんでいる「たばこの害」
後悔したいのか?
すでに時限装置のスタートボタンに指がかかっている!
吸うほどに増す疲労感
喫煙による不安の増大
喫煙者の深層心理
禁煙に精神論は不要である
頑張ったところで禁煙は無理
禁煙が「高い山」のように思える
喫煙理由を懸命に探る
たばこの呪縛は永遠である
減煙するなら禁煙したほうがはるかにラク!
減煙には解毒効果はない
想像を絶する「1本」の恐怖
非へヴィースモーカーのスモーカー
未成年者の喫煙
隠れて喫煙する喫煙者
喫煙者と社会的プレッシャー
失敗しないことが重要
ベストのタイミングとは?
今!たった今、やめよ!
麻薬中毒とたばこ中毒
「禁煙太り」の真実
禁煙の理由をしっかりと!
「禁断症状」という幻影
「禁煙開始」から「完全禁煙」まで
禁煙をエンジョイする
「1本」ですべてが終わる
禁煙しにくい人々
「禁煙失敗」となる理由
代替品の効果?
代替品は逆効果
吸わなくてもよい喜び
この方法でよかった!と思える
あまり意識過剰になり過ぎない
いよいよ「最後の1本」を吸うとき
Last Warning
再び喫煙者になる人
禁煙してもなお苦しむ人
喫煙者救出作戦
大切な人を禁煙に導く
禁煙期間中にすべき協力とは
ありがとうタバコ。【中身確認OK】禁煙しない卒煙ステップ〜「ありがとう」と感謝して、大好きなタバコをやめる方法〜
脳をコントロールして禁煙する方法
YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
“完全にタバコから解放される”為の禁煙方法【リラックス禁煙法】 冊子版



不思議と禁煙が成功するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。