不思議と禁煙が成功するサイト 

ヘビースモーカーでも4週間で禁煙する方法

自信をもってください。あなたの決断は間違いなく「英断」であり、そして、決して間違いではないのだと。非喫煙者としての暮らしが日常になるとき、あなたにもそのことが確信できるはずです

サイトマップ

たばこがやめられない理由

たばこは誰でも手軽に入手することができます。



しかし、取締りによって規制されているヘロインなど他の麻薬よりも、たばこに含まれるニコチンには高い依存性があることをご存知でしょうか。

ニコチンは肺から脳へ急速に運ばれ、恐ろしいことに、たばこを1本吸っただけでも中毒になってしまうのです。

1本吸い終わると体内のニコチンは急速に減り、そのことで禁断症状を呼び起こします。

たばこをやめたときに起こるニコチンの禁断症状は肉体的に現れるから辛いと考える方が多いかと思いますが、実は精神的な苦痛のほうが大きいのです。

精神的な禁断症状が長くつづくと、集中力が切れ、イライラします。

自制がきかなくなり、ついにたばこに火をつけ一服すれば、ニコチンを摂取できた満足感から、不思議なほどおだやかな心を取り戻すことができるのです。

しかし、この満足感は長続きせず、次から次へとニコチンを摂取しないといられなくなっていきます。

他の麻薬にもいえることですが、たばこを吸い続けると体内にニコチンに対する免疫ができ、吸収できるニコチンの量が増えていきます。

それが、いわゆる「チェーンスモーカー」という現象で、次から次へとたばこを吸っていないと居ても立ってもいられない現象に陥ります。

たばこを吸い始めた当時、誰もいきなりチェーンスモーカーであったはずもなく、ニコチンの免疫がそうさせてしまっているのです。

ところで、喫煙理由の中で最も大きい理由とされているのが、「退屈しているとき」もしくは「集中力が高まっているとき」、これと別のカテゴリでは、「ストレスを感じているとき」もしくは「リラックスを得ることができているとき」という、完全に相反する状況で共通の「喫煙」という行為の理由づけがなされています。

実は、ここが禁煙の難しさを象徴的に表現している部分なのです。

なぜならば、互いに反する状況で喫煙欲求が高まっているのですから、言い方を変えればとどのつまり「いつだって吸いたい」ということになるからです。

実は、本質的な喫煙理由というのはその部分にあり、要するに「いつだって吸いたい」だけなのです。

それを、ある人は「集中しているから」と考え、別の人は「退屈しているから」と答える違いだけなのです。

そして、実のところたばこは退屈をしのいでくれたり、集中力を高めてくれたり、あるいはストレスを解消してくれたり、リラックスをさせてくれたりするものではありません。

あらゆる生物は、中毒になるまでの過程において身体が何かしらの拒絶反応を起こすものです。

ヒトだって例外ではなく、身体に何らかの不調が現れ、それが実は「たばこアレルギー」であったという話も決して少なくありません。

それにもかかわらずニコチン中毒状態に陥ってしまうのは、苦しい思いをしてまで拒絶反応を克服するからにほかなりません。

この部分が「たばこ中毒」の特殊性とも言えるのです。

たばこ依存症になるのは弱い人だ、と思っているとしたらそれは間違いです。

たばこを、初めから旨いと思って吸っている人などいません。

旨くもないたばこを、咳込みながらも我慢して吸いつづけ、その涙ぐましい努力の結果、たばこが手放せなくなっているのです。

そう、たばこ依存症になるのは、努力を惜しまない強い人なのです。

体は次第に、ニコチンを取り込んでもそれに耐えうる免疫力をつけていきます。

こうなれば、もう味なんてどうでもいいのです。

ニコチン中毒ですよ、とあらためて言われると、不安に襲われかえってたばこの本数が増えてしまう人がいますが、たばこを吸ったからといって気持ちが落ち着いたり、不安が解消したりすることはありません。

ニコチンは中毒性が高いですが、3週間もあれば体から排出されていきます。

また、禁断症状はヘロインなどと比べても非常に軽いので、自分で気づいていない人がほとんどです。

にもかかわらず、禁煙するまではとても苦しい思いをするし、一度やめてもまた吸いはじめてしまったりするのはなぜなのでしょうか。

それはつまり、気持ちの問題なのです。

たとえば、どんなヘビースモーカーでも、眠っている間はたばこを吸わなくても大丈夫ですよね。

目覚めるやいなやたばこに火をつけるのかもしれませんが…。

また、社会的な禁煙ムードから、乗り物やオフィスを全面禁煙にするところが増えていますが、それはそれで何とかしのいでいる喫煙者がほとんどでしょう。

今さらたばこをやめたって…と思わないでくりかえしますが、たばこの肉体的な禁断症状は、それほど大きくないのです。

むしろ、ヘビースモーカーのほうがたばこをやめやすいのだと聞いたらあなたは信じますか?

たばこは体を汚染していきます。

しかし人の体というのはよくできたもので、健康を損なう状態にまで至らなければ、概ね回復していくものです。

自分の肺はもう汚れているから、今さらたばこをやめたって…と思っている人でも、本当にやめることができれば、体は数週間でもとの状態に戻ることができます。

ですから、長い間たばこを吸いつづけている人が禁煙すると、それによる爽快感はひときわ大きくなるのです。

禁煙マスター
ついに悪夢からの解放
It's so easy to stop smoking!
今すぐ禁煙する必要はありません
いくら健康のことを考えたところで、吸うやつぁ吸う!
喫煙の必要性
矛盾に満ちた不思議な存在
根拠に乏しい喫煙者の「理由」
想像以上に精緻な罠
喫煙をめぐる混迷
たばこを吸うことに理由はあるのか
たばこがやめられない理由
人はいかにイメージに左右されやすい生き物か
たばこ依存症になりやすい人とは
喫煙で得るものとは
自信をなくすのはたばこのせい
たばこは退屈しのぎになるのか
たばこは集中力を高めてくれるのか
「喫煙ミッション」の遂行
喫煙しているうちは緊張感もつづく
喫煙理由が混在する状況
チェーンスモーカーになるタイミング
たばこをやめて失うものとは?
たばこをやめればもっとすばらしい人生を送れる!
自ら望んで奴隷になるのか
それでも不安をひた隠しに隠し・・・
喫煙者の浪費
数百万の大金損失は「ほんの1本」から始まる
もうあなたをむしばんでいる「たばこの害」
後悔したいのか?
すでに時限装置のスタートボタンに指がかかっている!
吸うほどに増す疲労感
喫煙による不安の増大
喫煙者の深層心理
禁煙に精神論は不要である
頑張ったところで禁煙は無理
禁煙が「高い山」のように思える
喫煙理由を懸命に探る
たばこの呪縛は永遠である
減煙するなら禁煙したほうがはるかにラク!
減煙には解毒効果はない
想像を絶する「1本」の恐怖
非へヴィースモーカーのスモーカー
未成年者の喫煙
隠れて喫煙する喫煙者
喫煙者と社会的プレッシャー
失敗しないことが重要
ベストのタイミングとは?
今!たった今、やめよ!
麻薬中毒とたばこ中毒
「禁煙太り」の真実
禁煙の理由をしっかりと!
「禁断症状」という幻影
「禁煙開始」から「完全禁煙」まで
禁煙をエンジョイする
「1本」ですべてが終わる
禁煙しにくい人々
「禁煙失敗」となる理由
代替品の効果?
代替品は逆効果
吸わなくてもよい喜び
この方法でよかった!と思える
あまり意識過剰になり過ぎない
いよいよ「最後の1本」を吸うとき
Last Warning
再び喫煙者になる人
禁煙してもなお苦しむ人
喫煙者救出作戦
大切な人を禁煙に導く
禁煙期間中にすべき協力とは
ありがとうタバコ。【中身確認OK】禁煙しない卒煙ステップ〜「ありがとう」と感謝して、大好きなタバコをやめる方法〜
脳をコントロールして禁煙する方法
YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
“完全にタバコから解放される”為の禁煙方法【リラックス禁煙法】 冊子版













不思議と禁煙が成功するサイト All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。