放射能から身を守る知識 

被爆した際の人々を食生活の改善で健康を取り戻せる。

サイトマップ

長崎で起こった「奇跡」

このたびの東日本大震災は、昭和20年8月15日、終戦直後よりも深刻な状態にある可能性が強い。



その理由の一つは、原子力発電所の事故による放射能汚染の問題が、これから日本のみならず世界中に大きな影響を及ぼす可能性があることである。

それは、現在影響を受けている人の不安増大のみならず、将来にわたって続くことが確実な状況になっている。

話は、昭和20年8月9日に長崎に原爆が投下された時に遡る。

爆心地1.4キロにある病院の従業員と入院患者の計約70名は、被爆したにもかかわらず全員が生き延びた。

その中心にA医師の存在があった。

生来虚弱体質のA医師は、自然食で奇跡的な回復をする。

そして、自身が医長を務める、U病院でも患者や従業員に自然食を勧めた。

その結果、被爆者は、死に至らず原爆症からも守られた。このA医師が推進した自然食とは、玄米と味噌、そして塩をしっかり摂り白砂糖をやめることであった。

これは、日本に古来から伝わる食事内容であるが、意外と知られていない。

日本人は明治以来、西洋の栄養学や医学を導入することに熱心であったが、伝統的な日本食について無知になり、放棄してしまった。

われわれにとって伝統の味といえば「味噌汁」である。

日本の自然食はマクロビオティックという名前になり、欧米各国に浸透している。

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
長崎で起こった「奇跡」
緊急事態から身を守るための5原則
アメリカは病気で滅びる!
先進国の食事の欠陥を是正するための具体的指針
玄米、味噌、塩で原発に対処
人々の知恵を結集させるとき
長崎の原爆被爆者を救った食物















































放射能から身を守る知識 All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。