法改正|しっかりもらう雇用保険・失業保険



法改正

雇用,保険,失業

雇用保険法の改正情報を紹介します。


法改正記事一覧

平成29年改正雇用保険法

失業等給付の拡充(1)リーマンショック時に創設した暫定措置を終了する一方で、雇用情勢が悪い地域に居住する者の給付日数を60日延長する暫定措置を5年間実施する。また、災害により離職した者の給付日数を原則60日(最大120日)延長できることとする。(2)雇止めされた有期雇用労働者の所定給付日数を倒産・解...

≫続きを読む

 

平成28年改正雇用保険法

保険料率の見直し雇用保険の財政状況等を勘案し、失業等給付に係る雇用保険料率を引き下げる。〔現行1.0%→0.8% 〕 【平成28年4月施行】育児休業・介護休業等に係る制度の見直し多様な家族形態・雇用形態に対応するため、@育児休業の対象となる子の範囲の拡大(特別養子縁組の監護期間にある子等)、A育児休...

≫続きを読む

 

平成26年改正雇用保険法

特定受給資格者の改正について特定受給資格者の範囲が以下のように改正されました。・賃金(退職手当を除く)の額の3分の1を超える額が支払期日までに支払われなかった月が引き続き2か月以上となったこと、又は離職の直前6か月の間のいずれかに3か月あったこと等により離職した者・離職の直前6か月間のうちに(1)い...

≫続きを読む

 

平成23年の改正雇用保険法

雇用保険法が、平成23年から改正されました。改正されたポイントを整理しましょう。1. 失業等給付の充実 (平成23年8月1日施行) (1) 賃金日額の引上げ  失業者に対する「基本手当」の算定基礎となる「賃金日額」について、直近の賃金分布等をもとに、法定の下限額等を引上げ  (例)賃金日額の...

≫続きを読む

 

雇用保険法の改正履歴

2010年4月1日施行の改正1.非正規雇用者に対する適用範囲の拡大雇用保険の適用基準である「6か月以上雇用見込み」(業務取扱要領に規定)を「31日以上雇用見込み」(雇用保険法に規定)に緩和2.雇用保険に未加入とされた者に対する遡及適用期間の改善○事業主が被保険者資格取得の届出を行わなかったため未加入...

≫続きを読む