働けない!イザというときの裏技 

退職届けの前に!失業保険・裏バイブル

様々な事情で働けなくなったときに、どのような救済措置があるかを説明しています。

サイトマップ

生活保護を受けるにはどうしたらいの?
生活保護を受けるということは、縁遠いものだと思われています。自分には遠いものである、自分には受ける資格がない、資格があったとしても受けたくない、そう思われている制度なのです。そういう人達は、生活保護と言うと、高齢者や障害者といった「なんらかの支障があって働けない」人たちに対しての制度だから、雇ってさえくれる企業があれば働ける、と思っている人が受ける制度ではないと思っているのです。そのため、今現在生活に困っているからといって、生活保護を受けようか、と考えるようにはならないのです。

失業保険をもらうにはどうしたらいいの?1
体調を壊してしばらく仕事を休んでいたSさんが、2ヶ月ぶりに出社した時、「あなたはもう復職できるところはありませんよ。」と、今後のことについて話し合うはずが、そう上司から突然伝えられました。医師がSさんに出した診断は、うつ病です。そのため、何もしなくてもふさぎがちなところに、会社員にとっては一番聞きたくない言葉をいわれたのですから、そのショックは何物にも変えがたいものでしょう。しかし、Sさんは、上司の言葉に気落ちすることなく、「退職する気はありません。休職したままでは、会社に迷惑がかかるので、健康保険の傷病手当を申請したいと思っています。」と、はっきりと言ったのです。

住宅ローン返済をやめるにはどうしたらいいの?1
「借りたお金は、帰るのがあたり前」だということは、子供でも知っていることです。しかし、お金の貸し借りというのは、大人の世界だけのもので、この常識だと思っていることを、考えなおしてみる必要があるようです。アインシュタインの言葉に、「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションをいう」というのがありますが、私たちが常識だと思っていることには、世界に共通したものであったり、時代に共通したジョイ式ではないのです。というのは、世界中には、借りたお金を返せない人が犯罪者扱いされる国は、そんない多くはないからです。

法律扶助を受けるにはどうしたらいいの?1
いろいろな問題が、世の中には毎日起こっていますが、これまでの経験や、家族・知人の力を借りて解決することができます。しかし、解決が難しいことも沢山あります。そんなときに最終的に頼りになるのが法律なのです。誰に相談したらいいのもわからず、法律の専門家の弁護士に相談すると、高い費用がかかると思い、なかなか実行できない場合も多いのではないでしょうか。

社会福祉協議会に貸付金を借りるにはどうしたらいいの?1
ある方が大学在学中、建築関係の仕事をしていた父親が突然病気で働けなくなったそうです。そのため、生活費だけではなく、家のローンや学費までが、突然払えなくなったのです。住宅費は、ローンが残っていたので売却して、部屋を借りたそうです。しかし、その方には弟がいて、二人とも私立大学に通っていたので、学費の支出も大きかったのです。その方は、大学を辞めて働くといいました。大学を卒業することが、ほしい資格をとるには最短だったのですが、他の方法を考えるより仕方がないと思ったそうです。

児童扶養手当をもらうにはどうしたらいいの?1
一定所得以下のシングルマザーなどに支給される手当てが、児童扶養手当です。この手当てがあるおかげで、シングルマザーとその子供は、なんとか生活ができていると言えるのです。しかし、この手当てがあるから、働かなくてもいいという充分な金額ではありません。実情、日本のシングルマザーは先進国の中でも、最も働いているのですが、正社員の仕事がなかなかないのです。また、子供がいるために、制約が多く、雇用状況が厳しいようです。

自己都合と会社都合のからくり!-自ら会社を辞めても失業保険を長くもらうことができて、かつ、3か月の給付制限がなしになるケースと対処法-
TOP
生活保護を受けるにはどうしたらいの?1
失業保険をもらうにはどうしたらいいの?1
住宅ローン返済をやめるにはどうしたらいいの?1
法律扶助を受けるにはどうしたらいいの?1
社会福祉協議会に貸付金を借りるにはどうしたらいいの?1
児童扶養手当をもらうにはどうしたらいいの?1
天職力革命! 生活保護を受ける寸前のダメ人間わずか1ヶ月で1部上場企業に就職した転職・就職ノウハウ、成功する転職・再就職へのBOOTCAMPマニュアル
失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法
新規就農マニュアル【農業転職法】
普通に生活して1年で100万円得した超節約術!






























働けない!イザというときの裏技 All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。