生命保険パンフレット一括請求

予防接種なんでもガイド 

元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法

予防接種(ワクチン)の基礎を紹介します。副作用や成分など気になる方は是非

サイトマップ

TOP

子どもは病気にかかりながら丈夫になる

子どもの病気の大半を占める感染症。子どもはそれにかかることで免疫を獲得し、ウイルスや細菌とともに生きていけるようになります。



つまり、病気にかかりながら丈夫に育っていくのです。

一方、世の中が平和になり、生活水準が向上するにつれて、重い感染症は激減しました。WHO(世界保健機関)の2009年の調査によれば、日本の乳児死亡率(生後約1歳未満で亡くなる率)は1000人あたり2人と、WHO加盟国193か国の中でも2番目の低さとなっています。

また、「ユニセフの世界子供白書2010年」によれば、日本の5歳未満児の死亡率は1000人あたり4人と、世界の中でも圧倒的に低くなっています。

死亡の原因も、1位が「不慮の事故」であることを考えると、感染症による死亡率はかなり低くなっています。

これは、免疫力が高まっているからだと考えることもできるでしょう。

現在、日本における死亡原因は1位が「悪性新生物(がん)」、2位が「心疾患(高血圧性を除く)」、3位が「脳血管疾患」です。

一方、「国民衛生の動向2008年」(財団法人厚生統計協会)によると、感染症で亡くなる人の数は年間2万人、その大半を占めるのはお年寄りで、0〜4歳児においては100人をかなり下回っています。

しかし、なかには特定の病気にかかると重くなる子供もいます。

たとえば、白血病の子供にとっては、水ぼうそうも命にかかわる重篤な病気です。

そこで、そういう子どもは、その特定の病気にかからないように予防接種を受けることも必要でしょう。



1994年に改正された予防接種法で、接種を受けるか受けないかは個人の自由意思で選択できるようになりました。

一方、最近では数種類のワクチンを混ぜ合わせる混合ワクチンの利便性が強調されるあまり、それぞれの受けたいワクチンのみを選んで受けることができなくなっています。

接種の必要を判断するための情報としては、予防接種リサーチセンター発行の「予防接種と子どもの健康」というパンフレットがありますが、接種を進める立場ばかりが強調されて、予防接種のマイナス面や、接種される側に必要な情報がほとんど掲載されていません。

しかし、親が十分な情報を集めて、責任を持って子供に予防接種を受けさせることが必要なのではないでしょうか。

人は病気にかからずに一生を過ごすことは不可能です。

自然との関わりあいの中で、人は病気にかかり、病気とつきあいながら生きていきます。

また、うつる可能性のある病気をすべて予防することもできません。

そこで、必要と思う予防接種だけを受ければよいではないでしょうか。

また、予防接種を受ける場合も、自治体などによる集団接種ではなく、なるべくかかりつけの医療機関で個別に受けるほうがよいでしょう。

一方、予防接種による免疫は不確実であり、長続きするものではありません。

そこで、病気を防いだり、軽くすませるためには、子供に快い日々を過ごさせ、十分な栄養と睡眠をとらせることで、免疫力をアップさせることが重要なのです。

最新バイナリーオプション攻略術Binary-Win(バイナリーウィン)
TOP
予防接種の歴史と知っておきたいこと
主なワクチンと特徴
接種時期の注意点
副作用の疑いがあるとき
予防接種法改正の歴史と今後
厚生労働省の副作用認定基準
臨時接種という新たな枠組み
学校と予防接種の関わり
子宮頸がんワクチンの副反応報告
副作用認定までの事例
クリエイティブビジネスアカデミー
【成約率7%越え!】 高機能サイト作成ツール 『火の鳥』 月収12万円から150万円に華麗に転身した叶がプロデュースした完全オリジナル商品。 今一番稼ぎやすいツールです。
Yahoo!オークションで高額落札徹底制覇!【ヤフオク・ライジング】
【MSM】マネートラップ・サクセス・メソッド
ハウスクリーニング一括見積もり【無料】






















































予防接種なんでもガイド All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。