The治験の真実 

報酬ばかりに目を向けずに「自分が試した薬が世の中の為になるんだ」と誇らしく思ってみてはどうでしょう。あなたも是非楽しく有意義な治験ライフを過ごして下さい。

サイトマップ

投薬なしでお金を儲ける「補欠」

数千円でベンチ入り?

紹介より簡単で確実なのが「補欠」です。



補欠(予備)とは、その名の通り正規メンバーの治験ボランティアが何らかの事情で入れなくなった時にピンチヒッターをつとめる役です。

もともと治験は、日程や薬の種類を見てから正規メンバーとして参加するのです。

しかし、直前に突然の用時体調不良で不参加になることもあります。

そんな時に待機するのが、補欠です。

補欠の仕事は待つことなのです。

通常の治験と同じく寝泊まりの準備をしてクリニックに行き、遅れてくる正規メンバーの到着を待ちます。

遅れてくる人がくるまで1〜2時間待ちます。

正規メンバーが到着すると、仕事は終わります。

知人が行くクリニックでは、補欠料8000円の謝礼をもらって帰宅できました。

もちろん2時間以上待たされることもありましたが、それでも来てくれるのであれば待つのも苦痛ではありません。

以前一泊の補欠をしたこともあります。正規メンバーが翌日にならないと来られないということになったのです。

そこで知人が急遽ベンチ入りをすることになりました。



この時は、夕方にクリニック入りし、パジャマに着替え夕食を取り、ゴロゴロして過ごしつつ就寝。

翌日は投薬もなく検査もなく夕方までベッドでゴロゴロしていたら、正規メンバーが到着し無事お役御免となりました。

1日ゴロゴロして漫画を読んでご飯を食べて謝礼は1万6000円でした。

これは美味しい仕事でした。

ただ補欠で入ったものの正規メンバーが来られなくなることもまれにあります。

そうなると、補欠はそのまま入院させられてしまいます。

これは焦ります。

もちろん万が一のことを考えて、補欠に入るときにはその期間中の予定を開けておくのは当たり前ですが、突然治験に参加しなくてはならなくなると、家族や回りの友人からは急に姿を消してしまったと思われたりしてしまいます。

普通「今日から治験の補欠に行くよ。戻って来なかったら急遽治験に入ったと思ってね。」なんて堂々と親に言えるものではありません。

その上補欠で入る治験は自分のやりたいものではなかったりするのです。

めったに正規メンバーになることはありませんが、補欠の時は念のため心の準備は必要です。

正規メンバーに登録したならドタキャンだけはしないで欲しいと思うのです。

TOP
かなりの確率で副作用が当たる降圧剤のエピソード
はげしく酔う?!酔い止め薬
利尿剤は脱水機?
投薬より採血がキツイ!
暇つぶしの苦労
治験引退を考えた原因とは…
治験の相場って?
長期治験はゴキゲン
残念ながらリタイア。しかし…?
投薬なしでお金を儲ける「紹介」
投薬なしでお金を儲ける「補欠」
ニセ薬の威力
超高額治験
治験な人
治験と刺激
アンダーグラウンドの仕事
治験中にトレーニング
治験ガイド
投薬
報酬について
アルバイトが会社から深夜手当て時給をまとめて受け取る「ギブミー君」
【本業サラリーマン早朝アルバイトの私でも簡単に稼ぐことが出来た情報起業】アルティメットパッケージVol.2

































The治験の真実 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。