The治験の真実 

報酬ばかりに目を向けずに「自分が試した薬が世の中の為になるんだ」と誇らしく思ってみてはどうでしょう。あなたも是非楽しく有意義な治験ライフを過ごして下さい。

サイトマップ

お金のいいバイトと言って思い出されるものの一つに「治験」があります。

「治験」と聞くと眉をひそめる人も多いのではないでしょうか?

あまり大きな声ではいえない。

親兄弟にも言えない。裏社会。アングラ。こんな感じではないでしょうか。

危険と隣合わせだから、高額の報酬が得られるんだと考えてしまいます。



そもそも「治験」とは、新しい薬の効果を試すための実験のことです。

だからといって、「新しい薬です。この病気に効きますよ。さあ飲んでみましょう。」というような人体実験ではありません。

まず動物実験をしたのちの最終段階だと思ってください。

それが治験です。

治験とは、知人達の生活をよりよくするために役立つ大切な作業なのです。

でも、「やっぱり危険なんじゃない?」と感じるのは無理もないことです。

しかし、知人は実際に10年近くもこの治験バイトをやってきて、今も健康に生活しています。

確かに危険な目にあったこともありますが、彼は案ずるより産むが易しと思います。

それほど怖くないよ、と言う知人の話を聞いてみませんか。

知人が治験をやるきっかけになったのは、治験のバイト料が高額だったからです。

一人暮らしの学生で、短期間で収入を得るバイトを探していた時に、知人が紹介してくれたのが「治験」でした。

誰もが避けるけど、誰かがやらなくてはいけない仕事。こういう仕事はだいたい高収入です。

治験もその一つなのでした。

「薬を飲んで、様子をみるだけで福沢さん(万札)数枚」というようなキャッチコピーも嘘ではありません。

治験の報酬は1万円から、30万円まで、内容によってさまざまあります。

なかには「注射一本で50万円ゲット」できるというような、驚きの治験もあるのだそうです。

ある人がクリニックに行くと、治験のスケジュールにこの情報があったそうです。

見た人の目が輝いたのは無理もないでしょう。しかし、その内容は、もっと驚くことが書かれていました。

その一本の注射は「脊髄注射」だったのです。

脊髄注射とは、知る人ぞ知る、死ぬほど痛い注射です。

腰痛の治療で行われることがあるのですが、男性でも泣いてしまうほど本当に痛いらしいのです。

50万円という文字は魅力的だけれど、50万円を天秤にかけるほどの危険を引き受けることができるのかと悩んだ挙句、治験を受けることを諦めたということです。

万が一脊髄に異常があったら、半身不随になってしまうのではないかと思ったからです。

しかし、これほどリスクのある治験は、まれだそうです。

大抵の治験は、多少のリスクはありますが、それ以上に面白いと言います。そして、なにより手にする額が違うのです。

ということで、実際の治験のエピソードを見てみましょう。

あまり表に出ないけれど、誰もが興味津々の「治験」の世界へようこそ。


死を覚悟した…

健康な人間対象の治験は、一般人に誤解されているような「怪しい薬を飲まされる」「怖い人体実験」というようなことは有りません。

何度も言いますが、動物実験などさまざまな過程を経た後、安全が確認された薬の最後の確認作業という位置づけなのです。

しかし、副作用があるかないかといえば、「ある」といえます。

副作用が出るかどうかをテストするのが「治験」なのです。

長いこと治験をやってきていると、「アレは本当にヤバかった」ということもないわけではありません。

そんなエピソードをお伝えしようと思います。

TOP
かなりの確率で副作用が当たる降圧剤のエピソード
はげしく酔う?!酔い止め薬
利尿剤は脱水機?
投薬より採血がキツイ!
暇つぶしの苦労
治験引退を考えた原因とは…
治験の相場って?
長期治験はゴキゲン
残念ながらリタイア。しかし…?
投薬なしでお金を儲ける「紹介」
投薬なしでお金を儲ける「補欠」
ニセ薬の威力
超高額治験
治験な人
治験と刺激
アンダーグラウンドの仕事
治験中にトレーニング
治験ガイド
投薬
報酬について
アルバイトが会社から深夜手当て時給をまとめて受け取る「ギブミー君」
【本業サラリーマン早朝アルバイトの私でも簡単に稼ぐことが出来た情報起業】アルティメットパッケージVol.2
























































The治験の真実 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。