成瀬式アスペルガー症候群改善術

大人のアスペルガー症候群との接し方

何となく変な大人たちはアスペルガー症候群かもしれません。子供とは違った大人のアスペルガー独特の頭の使い方などを説明。ちょっとまわりと違うあなたは自分に当てはまるところはないでしょうか?

サイトマップ

大人のアスペルガー症候群を診てくれるのは何科?

大人のアスペルガー症候群は精神科で診てもらうのが一般的ですが、発達障害をよく理解している医師を選ぶことが大切です。



アスペルガー症候群は大人になってからの「生きづらさ」に対処する上でも、早期に、出来れば子供のうちに発見し、療育を始めるのが望ましいと言われています。

しかし、現実には大人になるまで気付かれずに過ぎてしまうことも多いです。

大人になってから治療を始める場合、大学病院や総合病院の精神科など、大きな病院にかかることをおすすめします。

特に「成人アスペルガー外来」などがある病院であればベストだといえるでしょう。

しかし、アスペルガー症候群の診断が下せる専門医がいる病院は実際のところあまり多くありません。

かかった医療機関に、アスペルガー症候群に対して深い理解のある医師がいないと他の精神疾患と誤診されてしまうことも少なくありません。

可能であれば、事前にアスペルガー症候群を診断可能か電話で確認すると良いでしょう。

心理カウンセラーが相談に乗ってくれるケースもあります。


発達障害について熟知した精神科医を選ぶことが大切

「成人アスペルガー外来」を設けているような大学病院・総合病院の精神科がベスト

ただし…
アスペルガー症候群の診断が下せる専門医のいる病院やクリニックは現実問題としてまだまだ少ない。

そのため、他の精神疾患と誤診されてしまうケースも少なくない。

あらかじめ、アスペルガー症候群について詳しい医師がいるかを電話で確認することが望ましい。

大人は「精神科」

児童の医療機関でも成人の対応をしてくれる場合がある

子供は「小児神経科」「児童精神科」

大人の場合、アスペルガー症候群と診断されても「治療法はありません」と門前払いしてしまう医療機関が現実として多い。

各都道府県には「発達障害者支援センター」が設置されており、また、その他就労の相談については「障害者職業センター」が対応してくれる可能性がある。

成人アスペルガー症候群の相談にも対応してくれるはずなので、問い合わせると良い。

発達障害の子育て教育体験記
大人のアスペルガー症候群の人はこんなに困っている
アスペルガー症候群(大人)とは
大人のアスペルガー症候群が増えている
発達障害は子供だけの病気ではない
誤診されがちなアスペルガー症候群
自閉症スペクトラム
全ての診断基準を満たさないアスペルガー症候群
アスペルガー症候群と間違いやすい統合失調症
強迫性障害との関係性
アスペルガー症候群の大人は子供の頃困っていた?
会話がうまく成立しない
物事を全体として捉えることが難しい
作業の同時進行が難しい
対人交渉は苦手
選択的注意ができない
予想外の仕事に戸惑う
人間関係はギクシャク
生きにくいからつらい
うつ病や不安障害など二次障害を引き起こすことも
ブランド化するアスペルガー症候群
大人のアスペルガー症候群を診てくれるのは何科?
発症の原因は?
エピジェネティクスという考え方
ミラーニューロンとの関わり
アスペルガー症候群の生きにくさは脳画像検査でわかる?
アスペルガー症候群特有の脳の働き方
アスペルガー症候群の鍵オキシトシン
信頼ホルモンといわれるオキシトシン
オキシトシンとアスペルガー症候群の関係
オキシトシン研究に寄せられる期待
アスペルガー症候群とPTSDの類似点
大人のアスペルガー症候群はどのように治療する?
デイケアではどんなことをする?
デイケアの実際例
患者さんの手記
アスペルガー症候群は病気or個性?
アスペルガー症候群と犯罪の関連
誤解を受けない振る舞い
周囲に誤解を与えない話し方
社会人としてふさわしい服装
得意分野を極めてプラス面につなげる
生活空間をすっきりして混乱を防ぐ
発達障害をテクノロジーで助ける
パソコンや携帯メールが困り感を救う?
俺についてこいと言われても
生きにくさを軽減するために社会ができること
自立支援医療、精神障害者保健福祉手帳
脳科学でアスペルガー症候群の未来を開く
発達障害児の子育てプログラム 岩沢祐樹
リンク集
家族で取り組む 統合失調症・脱出マニュアル
潜在意識を変えるサブリミナルCD
Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ



大人のアスペルガー症候群との接し方 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。