初めてのアルバイト入門 

反則スレスレの節税法パートアルバイト主婦編

どうせバイトをするなら、自分に向いた仕事で、報酬額の多いもの、あるいは先々の就職を考慮して、希望の業界の現場の実態を知っておくなど、目的意識を持って取り組みたいものです

サイトマップ

ウケのよい話し方

与えられた仕事を無難にこなしていれば、アルバイトとしては特に問題があるわけではありません。



でも、どうせやるなら、せっかくの機会だからいろいろな方々と楽しく接していきたいものです。

同世代の気楽な仲間集団の学校生活とは異なり、バイト先では両親と同じ世代の人もいれば、高齢のお客さまと接することもあります。

そんな人々と一緒に仕事をしたり、対話もしなければなりません。

「そういうことって苦手なんだな〜」と言う人は、おそらく話し下手の方でしょう。

仕事としてせっかく敬語や接客言葉を身につけるのですから、この際、社会に飛び出しても役に立つ“ウケのよい話し方”もマスターしておきましょう。

そうすれば、仕事の会話も楽しくなってくるかもしれません。

人当たりのよい会話をするには・・・

ウケのよい話し方とは、相手に話題の主導権を渡しておきながら、その話題にしっかりと反応することにあります。

話題だけでなく、しぐさや表情といったものも大切です。仏頂面(ぶっちょうづら)では、あいづちを交えていても、誰しもしっかり聞いているとは思いません。

人受けのよい会話のチェックポイント

話しベタと思っている方は、ぜひ次の点をチェックしてみてください。

@自分勝手にしゃべらない
あなたが話すとき、周りの人は興味をもって聞いているだろうか? 相手も気にせず得意になって話していないだろうか? 会話や対話ではKY禁物です。相手の反応、周りの雰囲気を感じ取って、反応がないように感じたら、話しの途中でも手短に切り上げることを心がけよう。

A友だち感覚の言葉遣いをしない
世代ギャップのある言葉や話題は避けたほうが無難。若者の間で流行のしゃべり方は、仲間内では通用しても、一般社会では通用しません。仕事の場はテレビ局のお笑い番組の現場ではありません。

B聞き上手になる
100年の昔から『話し上手は、聞き上手』といわれています。まずは相手の話をじっくりと最後まできくこと。思う存分話した人は、次に聞き手の話を聞きたくなるものらしい。

Cタイミングのよい「あいづち」
対話や会話には流れというものがあります。民謡や歌舞伎などでは、演じる人の呼吸の瞬間に“合いの手”を入れて、おかしな間ができるのを防いでいます。話す場合も同じ呼気(「こき」、つまり息をはきながら声にする動作)ですから、どこかで息継ぎの間が必要になります。話がハイライトに及ぶと喉に力が入るので、誰でもいったん息を継ぎたくなります。そこをねらって「なるほど」「そりゃすごい」といった相づちを打てば、話しがテンポよくスムーズに流れ、話し手も対話していることに満足します。

D常に新鮮で、ホットな話題に目を向ける
同じ話題も2度、3度と聞かされると、相手が高齢の方でなくても飽きてきます。またホットな話題にうといと、話しに置いていかれます。周囲の人の好みや趣向をいち早く察知すれば、話しについて行きやすくなります。ただし、それには新聞やテレビニュースの見出しになるぐらいの情報については、多少知っている必要があります。中年のサラリーマンの方々もダテに早めに出勤して、新聞などに目をとおしているわけではありません。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
とにかくお金がほしい
友だちを増やしたい
青春の汗を流したい
憧れのアミューズメント
若さでいろいろなものにチャレンジしたい
恐るべしコンビニの力
短期間でまとめて稼ぐ
誰かの役に立ちたい
家で時間に縛られずにバイトしたい
将来なりたい職業を経験したい
アルバイト生中継
アルバイトの準備:電話編
アルバイトの準備:履歴書編
アルバイトの準備:面接編
アルバイトで成功するための法則
敬語と接客言葉の使い方
電話の受け答え
気配りと心配り
ウケのよい話し方
こんなときどうする・・・?
よくあるQ&A集
アルバイトが会社から深夜手当て時給をまとめて受け取る「ギブミー君」
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします
新規就農マニュアル【農業転職法】
「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術!

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】










































初めてのアルバイト入門 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。